卒業にあたっての言葉

部活の先輩、後輩、同級生たちにそれぞれ送った言葉です。
卒業後、弓道部ホームページの掲示板に書き込みました。



お世話になった先輩方へ


先輩方へはお礼と謝罪の言葉しかありません
私は四年間を振り返る限り
「後輩」としてはとても優秀とは呼べない存在だったと思います
そんな私を温かい目で見守って下さった先輩
叱咤激励して下さった先輩
本当にありがとうございました
そして今更ですがご迷惑をおかけしました

先輩方から遅ればせながら
私自身も大学を離れ
お会いする機会はほとんどなくなると思いますが
先輩方が教えてくださったこと
行動で示してくださったことを忘れず
これからに生かしていきます

繰り返しになりますが
今までありがとうございました




大学へ残る後輩たちへ


挨拶に先立って、送別会後に私が皆さんへ贈った拙い言葉に対して、多くの人が返信してくれました。本当にありがとうございました。


落ち着きのない二回生として
頼りない三回生として
練習の邪魔ばかりする四回生として
皆さんには多くの迷惑をかけてきました申し訳ありません
そんな私に対しても
上回生として、幹部として、OBとして
敬ってくれ、気を使ってくれ、下から支えてくれた皆さん
一人でも欠けていれば今の私はありません
今までありがとうございました

これまで私たちが残してきた的中や試合の勝敗は
今となっては
結果ではなく記録でしかありません
あなた方が今後、部として活動していく一瞬一瞬が
これまでの結果であり
これからへの過程です
人生と言う長い目で見れば
すべては結果の連続ではなく過程の連続
今までの結果として現れる成功や失敗も
次の過程の始まりであり途中
自分が最後と諦めなければ
いくらでも続いていくし続けていける
これからの過程に何を求め、どのような結果を導き出すか
決めるのはあなた方です



同回生の仲間へ


四年間お疲れ様でした

私が主将をしていた三回生の頃をはじめ
自分勝手な私に文句を言いつつも
横から支えてくれ、戒めてくれた皆のおかげで
何とか次の代へと部を引き継ぐことができました
入学してから最後まで
隣にいてくれた皆には感謝しきれません
ありがとう
喜怒哀楽を共にできる仲間をつくれたことが
一番嬉しかったです



番外編(「同回生」から隠しリンク)
今までと異なる場所で
これまでと異なる事を
始めるであろう皆へ



一つ質問です
「未来の色は何色ですか?」

様々な可能性という色が混ざった未来
その色は黒になるのではないでしょうか
一寸先は闇という言葉があるように
目の前にあるのは「可能性」であって「絶対」ではありません

数々の可能性から取捨選択を繰り返した結果が今の皆であり
過去に選び取った一つの選択肢の中に

弓道部

という言葉があったことから私たちの繋がりがうまれました
これからお互いが
違う方向を向いて歩いていくことになりますが
次に同じ選択肢を選び
再び会うときにも
どうかお元気で

あなたの未来は今何色ですか



一つ戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー