紙一枚でB29
小さな小さな戦闘機



 『B29』を知っているだろうか。知っている人はそれでいい。あなたの考えている通りの物だ。知らない人はYahoo!でもgoogleでも使って一度検索をかけてからこの先を読んでもらいたい。

 で、このB29を作ってみようというのが今回の話題。用意する物はB5の紙1枚とカッターナイフだけ。紙はコピー用紙や上質紙のような少し固めの紙がいいだろう。カッターはよく切れる刃の新しいもので、小型の方が使いやすい。どうせならその二つを用意して一緒に作業をしながら読みすすめてもらえるととても嬉しい。


 まず、用意した紙を長い方の辺で半分に折り、折り目に沿ってカッターナイフで切る。このとき出来るだけ正確に半分に折って、切るときも真直ぐに切るようにする。
 切った紙の一方をもう一度、長い方の辺で半分に折りカッターナイフで切る。ここでも正確に半分に切らないと後で苦労することになる。
 先程切った紙の一方を再度半分に切る。くれぐれも切れ目が曲がったり斜めになったりしないように気をつけてほしい。
 さらにもう一度、一方の紙を半分に切る。これで一番小さい紙は最初の16分の1になったはずだ。これをさらに繰り返す。













完 成
拡大⇒


 写真の赤丸の中、画像が荒くて少々分かりにくいが、まごう事なき『B29』だ。ちなみに、右の写真の下の青丸の中にあるのは比較のために置いた食卓塩の一粒だ。どれほど小さいか想像してみてほしい。
 万が一理解できない人のために解説しよう。最初に用意した紙は『B5』サイズだった。これを半分に切ると『B6』の大きさになる。さらに半分にすると『B7』、もう一度半分にすると『B8』‥‥‥。つまりB5の紙を24回半分に切ると『B29』になるわけだ。





 納得いかない?サブタイトルの「小さな小さな戦闘機」はどうしたのかって?何を言っているのか分からないな。サブタイトルに『戦闘機』なんて一言も書いていない。嘘だと思うならここから戻ってサブタイトルでも何でも確認してほしい。
 誰がなんと言おうと私が作ったのは『B29の紙』であって戦闘機などという物騒な物ではない。


メニューへ戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー