電化製品を洗ってみる
やってはいけないというけれど



 一般的な電化製品の説明書には必ずといっていいほど、ある注意が書かれている。

風呂場や雨に当たるところ、湿気の多いところでは使用しないでください。

 特別に防水加工が施されているような製品であっても、『内部に水を入れない』というような趣旨のことは書いてあり、現在では電化製品に水が入ると故障するというのは常識のように扱われている。
 しかし今回はこの常識にあえて逆らってみようと思う。


 実は先日、愛用していたMDウォークマンがついにデータを読み込まなくなってしまった(写真左)。再生のボタンを押しても1〜2分TOC READの文字が出た後BLANKが表示されてスイッチが切れてしまう(写真右)。
 保証書を見ると買ったのが「2000年1月17日」となっているから6年半使ってきたことになる。電池が壊れることさえなく今まで動き続けてきたというのは、昨今の精密機械としてはかなり長寿命なのではないかと思う。
 それだけに故障したからといってすぐには捨てられないほどの愛着もある。メーカーで修理できるならそれでもいいが、おそらく新しく買ったほうがいいような代金を請求されるだろう。
 そこで、どうせ故障しているのならということで、かねてから疑問に思っていたことを実験で確かめてみようと思う。
 ウォークマンを水で洗う。運がよければ中の埃が洗い流されて再び使えるようになるかもしれない。ここですでに故障しているものが洗ったくらいで直るはずがないという考えは絶対にしてはいけない。直ると信じて洗うのだ。

 さて肝心の洗う方法であるが、水洗いをするというだけの行為に無駄に大掛かりなことをするのが、このサイトの真骨頂だ。使うのは超音波洗浄器
 何のつもりか知らないが、1年前に母親が買ってきて居間に放置し、いまだ一度も使われていない謎の道具である。おそらく製造者も販売者もこんな物ウォークマンを洗うのに使われるとは思っていないだろう。



 電化製品を水に入れてはいけないという理由は漏電と腐食にあると私は思っている。
 水中を電流が流れることによって回路がショートしたり、本来電流が流れるべきではないところに電流が流れて回路が壊れたり、触った人間が感電したりするのが漏電だ。それを防ぐために今回は電池をはずすのはもちろん、コンデンサー内の電気もなくすために電池をはずしたあと一晩放置した。
 そして超音波洗浄器で洗うこと30分。この洗浄器は1〜2分で自動的にスイッチが切れるようになっていたため、大変面倒であった。

 最初(写真左)と30分後(写真右)を比べると写真ではわかりにくいが、少し水がにごっている。これが汚れが落ちた結果によるものか、石鹸でにごっているだけなのかはわからないが、ひとまず洗浄は終了である。

 次に乾燥だ。内部に水が残っていると漏電や腐食の原因になる。水によって回路が腐食(錆びる)してしまうと電流が流れなくなり、やはりこれも回路の故障になる。速やかに、かつ完全に乾燥させたほうがいい。
 幸いにも今は夏。天日乾燥で十分だろう。日当たりのいいところに新聞を敷き、その上に洗ったウォークマンを置いておいた。

 放置すること数時間。最も気温が高くなる2時ごろ、温度を確認するとなんと60度にまで達していた。金属部分などとても触れないほどに熱い。
 たしか説明書には高温も故障の原因になると書いてあったはずであるが、電池も入っていないので大丈夫だと勝手に判断してさらに2時間ほど放置しておいた。


 十分に冷まして電池をいれ、スイッチを入れてみる。
結果
 TOC READからBLANKへの表示の変化が早くなっただけで、データを読み込めないことには変わりない。

 ある意味では読み込みがスムーズになったといえるのかもしれないが、再生できないのだから意味はない。やはりもともと故障していた以上、修理が必要だということなのだろう。しかし、水に濡れたからといって、必ずしも機械が壊れるとは限らないということは分かった。そのうち故障していない機械でも試してみたいものである。


なお、ここでの実験を真似して機械が壊れても当方は一切責任を持たない。



メニューへ戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー