2ヶ月かけた時計の修理
弁償しても同じものは返せない



 もう去年の12月(9日)の話になるのですが、某電器店に行った機会にそこで時計の電池交換をお願いしました。15分くらいで済むということだったので適当に時間をつぶしてから引取りに行きました。
 窓口に行って引き取りに来たことを伝えようとすると、こっちが口を開く前に向こうから話しかけてきました。どんなことを言ったかというと、

「お客様、先ほど預けていただいた時計ですが、裏蓋を開けようとしたところネジが折れてしまいました。」

 そんなにいい時計じゃないので、裏の蓋は4本のネジで止まっていました。見せてもらうと4本のうち、2本が折れて1本はさび付いて回りもしない。唯一抜けた1本はボロボロに錆びてネジの形をしていませんでした。
 その時計ですが、買ったのは高校生頃でした。その頃からン年間ほとんど毎日つけていましたし、温度を測る機能がついていたので面白がっていろんなもので測っていました。雪の中に埋めてみたり、温泉の中につけてみたり、海水の温度を測ったこともあります。
 それだけ酷使していたのでネジが錆びるのも仕方ありません。買った当時、高校生の私にとっては少し高価な時計でしたが、社会人になった今の私にとってはそんなに高いものではありません。それなりに長く使ってきたのでこれも寿命だろうなと思いました。

「仕方ないですね。」

 と言ったのですが修理窓口の人はそれで引き下がってくれません。

「当店としては製造メーカーに送ってはまり込んだネジを抜くことから始めたいのですが、お許しいただけますか?」

 と言い出しました。その店は家から遠く、もう一度取りに行くというのは面倒です。

「住んでるところから遠いので時計だけのためにここまでは取りにこれないんですよ。」

 とやんわり断ったんですが、今度は

「でしたらご自宅に郵送させていただきます。」

 と食い下がられて、結局置いていくことにしました。



 それから約1ヶ月、年が明けても向こうから連絡がないのでこっちから電話をかけてみました。担当の人が言うには
『メーカーによると製造を終了してしまった機種で、メーカーには部品がない』『今は全国の修理センターに連絡を取って部品がないか聞いている。』『5日後にすべての修理センターから返答が来るので、そのときに改めて連絡する』
ということでした。
 電話越しなのに『なんとしても修理する』という強い意志が伝わってきます。大手の電気店なので、ほどほどに部品探して無理なら同程度の時計と交換するか、そうでなければ同価格くらいの商品券か割引券で新しい時計を買わせることになるのではと思っていました。
 その店は違うのか、たまたまこの店員だけがそうなのかは分かりませんが、二言目には「新しいのを買う方が安いですよ」という店がほとんどの昨今、出来る限りの手を尽くして同じものを返そうとする姿勢に興味を持ってもう少し待つことにしました。


 1週間ほどしてやっぱり部品はなかったという連絡があり、さすがにもう修理は諦めるだろうと思ったのですが、今度は工具でネジ穴を広げてネジを取り出したいと言い出しました。もうどうでも良くなり始めまして

「そちらにお任せします」

 とだけ伝えて待つことにしました。


 さらに1週間が経って、修理が終わって発送しましたという電話が来ました。時間がかかったと言うお詫びと、ネジが元々の規格より少し大きくなったということ、防水のチェックはしたので機能には影響がないこと、お詫びの意味も込めて痛んでいたベルトを新品に交換したということでした。

 前にも書きましたが特別高い時計ではありませんし。少し長く使っているというだけで思い入れがあるわけでもありません。普通に修理に持っていけば買ったときより高い金額を請求されるか、部品がないの一言で断られると思います。それでも修理の担当者は別の時計で代用するということはしませんでした。
 最後の電話のときにその理由を聞いてみるとこんな答えが返ってきました。

「壊したのは我々ですから責任を取るのは当たり前です。確かに新しく、より高い時計を用意するのも一つの方法です。しかし、どんなに高価なものを用意しても、それは壊した時計と同じものにはなりえません。そういう事情でこのたびは修理にこだわらせていただきました。」

 そういって、繰り返し謝罪されました。


 その時計がつい先日自宅に到着しました。厳重に梱包された時計と一緒に不都合があったときのために、という意味で入っていた修理担当者の名刺には『大事な時計の修理に時間がかかり、大変ご迷惑をおかけしました』と書かれていました。


メニューへ戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー